脇役―慶次郎覚書 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (2006年9月28日発売)
3.44
  • (4)
  • (9)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 95
感想 : 7
4

慶次郎シリーズ。脇役達辰吉、吉次、佐七、皐月、太兵衛、弥五、賢吾にスポットを当てた短編集。特に皐月編の微妙な立場を皐月の心の葛藤、夫の望んだ結婚でないこと、実の親でない慶次郎との血の繋がらない他人行儀さの辛さに明るい兆しが見えたことが印象的。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 時代小説
感想投稿日 : 2010年12月3日
読了日 : 2010年11月27日
本棚登録日 : 2010年12月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする