一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

4.09
  • (743)
  • (742)
  • (388)
  • (58)
  • (19)
本棚登録 : 7278
レビュー : 740
制作 : 高橋和久 
木魚曰さん  未設定  読み終わった 

戦争は平和
自由は隷従
無知は力

詭弁のようなこの文言が、読み終わったいま痛いほど分かる。丹念な拷問の効果は、主人公スミスにとっても、読んでいる私にとっても十分にあったと言える。
もちろん世界はここに書かれたようにはなってはいない。それでも国家に、会社に、家族に、友人に、私たちは多かれ少なかれ縛られ、何かを強いられている。それが本人にとって不愉快なものか心地よいものかということは、全く問題ではないのだ。
問題なのは、私がどこまで人間であれるのか、あるいはそうあったのか。考えてみると甚だ心もとない。

レビュー投稿日
2019年3月21日
読了日
2019年3月21日
本棚登録日
2019年3月14日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文...』のレビューをもっとみる

『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする