極北ラプソディ

3.61
  • (89)
  • (346)
  • (308)
  • (39)
  • (3)
本棚登録 : 1920
レビュー : 313
著者 :
isutabiさん ふつう   読み終わった 

医療不毛地?それとも医療改革最先端の地?

【内容】
「極北クレイマー」の続編。
他の話の主人公、世良が今中を引き連れ、病院再建に乗り出す。
二人の間はいまいちうまくいってないかもしれないのは、今中が頑張ってたことを世良がホゴにしたからか。
スリジエセンターの頃と違い、今の世良には怖いものはなく、傲岸不遜さがある。
そして、ここにはアイツもいる。辺境ではなく、中心なのかもしれない。
ちょっとだけ西野も登場。
後半は救命救急センターのドクターヘリがメイン。

【感想】
スリジエセンターのラストでの世良に関する記述の片鱗はまだ見えない。これから大きく動くのかもしれない。どうなるのでしょう?
(2013年12月23日読了)

レビュー投稿日
2013年12月24日
読了日
2013年12月24日
本棚登録日
2013年12月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『極北ラプソディ』のレビューをもっとみる

『極北ラプソディ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする