地と潮の王

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 3
3

うーーん。あんまり後味良くない終わり方だけども。なんか駆け足ぎみに終わってしまったのが残念だ。しかもせっかく連れてきたミオが物語が終わってすぐ死んでしまうらしいところもなんか救われないなと思ってしまう。
ところどころ読みづらいところがあった。サルがもっと野生児なのかな?と思ったら意外と敬語とか使ってんん?となった。
日本を治める皇女がいて、その人には弟がいて二人は結ばれていて、というところと鴉が道案内するところはなんとなく空色勾玉を思い出す。古代を描くとやっぱりモチーフが似てきてしまうのかもね。空色勾玉の方が先みたい。
作者さんは先日お亡くなりになられたそうです。たくさんの物語をありがとうございました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2016年6月1日
読了日 : 2016年6月1日
本棚登録日 : 2016年6月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする