僕は、そして僕たちはどう生きるか

4.06
  • (187)
  • (180)
  • (98)
  • (18)
  • (8)
本棚登録 : 1470
レビュー : 274
著者 :
monza-cordornaさん  未設定  読み終わった 

この本を読んでいる途中で、スーザン・ソンタグの若い読者へのアドバイスの一文がぽっかり浮かんできました。「二度読む価値のない本は、読む価値はありません」・・・
この本は、今の私にとって間違いなく二度読む価値のある本です。

ここのところ、ずっと私の心に引っかかっている「人が集団になり暴走した時に、それを停める方法がないのか?」という問題について、この物語がこんなに力を持っていたなんて、読み始めたときには全く気付いていませんでした。

雑誌「ミセス」の連載コラム「不思議な羅針盤」の2009年1月号に「場の自然」として書かれていたコラムが、この物語に生まれ変わっていることに気づいた時の、驚き!

これから、また読み返して、自分の知識の乏しさに呆れながら
梨木さんの思考の跡を辿っていこうと思う。

レビュー投稿日
2011年9月25日
読了日
2011年9月25日
本棚登録日
2011年9月25日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューをもっとみる

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』にmonza-cordornaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする