心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)

3.26
  • (8)
  • (27)
  • (77)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 279
レビュー : 44
著者 :
萵苣(chisya)さん 若竹 七海   読み終わった 

『ぼくのミステリな日常』の続編的?作品、主人公はリストラされたOL若竹七海。
文庫化に15年もかかるとは!
あの時代の推理小説なので、今は当たり前の小物が出てきません(携帯とかメールとか。
あとがきで著者の若竹さんが書いているけれど、「パソコンが立ち上がるまでに、気絶するぐらい時間がかかった」そんな時代のミステリ。
その頃はまだ子供だったけど、懐かしい空気です。

若竹七海さんのシリーズでは他に、葉村晶が探偵役の物もおもしろいです。
切れ味抜群。

レビュー投稿日
2016年2月18日
読了日
-
本棚登録日
2010年1月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする