設定はおもしろいし、細部まで結構作り込んでてリアリティがある。
でもLOVE要素だけみたら、「りぼん」か「なかよし」って感じかな。キャラ構成とか激甘ラブコメなとこが少女漫画の王道。
数年前なら毛嫌いしてたやろうけど、今なら楽しめる。大人になったな、うち。

2013年6月28日

読書状況 読み終わった [2013年6月28日]

怒涛の勢いで読みきった!
確かにビジュアル向きなお話やわ。
最後の「堂上教官」も少女漫画系としては、必須やなー。

現実でも"憲法改正案"ってニューステロップでは見るけど、内容までは見てなかったりするし、ほんまに気づいたら...ってなことになりそうで怖いわ。

2013年7月1日

読書状況 読み終わった [2013年7月1日]

激甘やったー!
甘過ぎてにやにやしながら身悶えるー!!
あとがき先に読んでから、着手すりゃよかったわ~

胸焼けするわ。ソルマック飲まな。
ま、胸焼けついでにもう一軒行っときますか~!

2013年7月3日

読書状況 読み終わった [2013年7月3日]

この手の話は苦手や。気持ち悪い。

後から幸せにしたから相殺ってのが余計いややわ。

2013年7月4日

読書状況 読み終わった [2013年7月4日]

気になって積んどいたやつをようやく読めた。

ちょうど日本国憲法の前文「...政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないように決意し…」って読んだ直後やったから、微妙に笑えなかった。
普通やったら面白い設定やなーくらいやと思うけど。

郁のこそばゆいキャラも慣れれば面白い。

2013年6月27日

読書状況 読み終わった [2013年6月27日]

闘蛇編から一気に読みきった。
まだ夢見てるみたいで、物語の片鱗が頭の中をぐるぐるしてる。心が重い。哭いてる。
すやすや寝息たててる娘の顔をみてしまう。

語り継がれることはいつか薄れ、そしてまた同じ過ちを犯す。

本当にエリンが生きてた時代があったような錯覚におちいる。すごいオーラ。

2013年6月21日

読書状況 読み終わった [2013年6月21日]

長編もの。
ユリエさんのお兄さんが主役。
封印された記憶もの。

あんま腕貫さん出て来んかった、残念

2013年6月14日

読書状況 読み終わった [2013年6月13日]

残業中ってか、サービス残業中。。。
住吉ユリエさんとの絡みがいい!
なんでか続きが読みたくなる。

2013年6月14日

読書状況 読み終わった [2013年6月13日]

最初の2話くらいは平凡というか…うちの好みじゃないなと思ったけど、読んでいくうちに腕貫氏が提示する可能性に興味津々。
読み進むにつれて次の相談が気になってくる。
次も買おうと思わせられた。

2013年5月28日

読書状況 読み終わった [2013年5月28日]

6片のオムニバス
最初のやつはおもしろかったけど、他は微妙。
描かれてる場面は着眼点がいい

2013年5月14日

読書状況 読み終わった [2013年5月14日]

なんかいまいちぱっとしない。
もうちょっとドタバタとか、いつもの掛け合いがあってもいいのにな、、、

2013年5月29日

読書状況 読み終わった [2013年5月20日]

右岸の対。寺内茉莉の話。
江國の描く女性は、その人生に比してみんなどこか温かい感じがする。
右岸が不変なもののイメージで、左岸が時の移ろい(変化)のイメージでもどちらにもお互いのイメージが混ざってる感じ。

よくわからん感想になっちゃったけど、両方読んでようやくまぁまぁ面白いくらい。

相変わらず江國のお酒描写が美味しそうでしょうがない。
ワイン飲みたくなってきた。

2013年3月26日

読書状況 読み終わった [2013年3月26日]

祖父江九という男の話。
人間的な愛、動物的な愛、精神的な愛…テーマは愛でいいのかな???

上巻の方が面白かった気がする。まだ左岸を読んでないから、また感想かわるかも。

2013年3月16日

読書状況 読み終わった [2013年3月16日]

面白いはおもしろいけど、ちょっと物足りない。停滞と突破が浅い。ずっと前に進んでる印象

2013年6月8日

読書状況 読み終わった [2013年6月8日]

良かった。自分の性格に合ってる気がする。
さっそく、以下2つをやってみようと思った。
・ざっくりと全体の総資産を把握すること
・特別な支出をとりあえず把握すること

2013年3月12日

読書状況 読み終わった [2013年3月5日]

レビューを見て買ってみたけど、子供に読み聞かせて、子供は何を感じるのやろ?
お父さんねずみが語る7つのお話。

最初の願いを叶える井戸の話とか、どこから突っ込んでいいのやら・・・。
面白かったけど。

2013年3月12日

読書状況 読み終わった [2013年3月11日]

ファンタジー。”英雄”と”黄衣の王”、表と裏。紡ぐ者。最後の器。無名僧。
英雄に魅せられた森崎大樹が同級生を刺して姿を消した。
妹の友里子は、印を戴く者(オルキャスト)となって、兄を探す旅に出る。

ファンタジーの良し悪しってよくわからんけど、印象としては「まあ普通に面白かった」って感じ。自分の知識とか感性では、読み取れない何かがあるのかも。。。

2013年3月6日

読書状況 読み終わった [2013年3月6日]

面白かったような面白くなかったような…。
発想というか、設定はおもしろかったけど、ストーリーがんーって感じ。
単に好みじゃなかっただけかも。

2013年2月4日

読書状況 読み終わった [2013年2月4日]

相変わらず史朗さん格好いいな。ご飯が美味しそう!
今回は少し二人の関係も進展して、これからどうなるのか楽しみ。そして、どうやって完結にもっていくのか…。

2013年1月9日

読書状況 読み終わった [2013年1月9日]

相変わらず不器用さ加減が涙ぐましい。
アニメも楽しみ

2013年1月26日

読書状況 読み終わった [2013年1月26日]

名取さんが良い人なんか、裏のある人なんかわからんな〜。
今回もほっこりとして、いい話やった。最後の滋さんと塔子さんの話が良かった。

2013年1月26日

読書状況 読み終わった [2013年1月26日]

今回もお草さん活躍。お草さんの性格とか、何気ない風景とか、小蔵屋の雰囲気とかが好きやな。
話の方は最後のとこがいまいちやったかな。田沼の過去とかも微妙な感じやし。設定とストーリーがアンバランスな印象やった。

2013年1月9日

読書状況 読み終わった [2013年1月9日]

数えで76歳のお草さんが主人公。日ごろの何気ない会話やちょっとした出来事をとらまえて、物語はすすんでいく。
お草さんの洞察力とか行動力とか、何気なく描かれているのがいい。「おばあちゃん探偵です」って感じではなく、ただよく気のつく行動的なおばあちゃんって感じで構えたところがないのは良い。

2013年1月1日

読書状況 読み終わった [2013年1月1日]

久しぶりに宮部作品読んだ。なんでこんなにも引き込まれるんやろ?
怪と人の心の絶妙な匙加減。今回も一瞬で取り込まれて、瞬く間に読み終わってしまった。

三島屋伊兵衛の姪おちかは曰くの過去をもつ。その過去を癒すために伊兵衛は不思議な話を集めて、おちかに聞き取ってもらう役をお願いする。
その第2弾。

2013年1月3日

読書状況 読み終わった [2013年1月3日]
ツイートする