ソニー最後の異端―近藤哲二郎とA3研究所 (講談社文庫 た 64-4)

3.20
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
著者 :
ハイドさん  未設定  読み終わった 

読み中。
ていうかなかなか読み終わらないうちに
違う本を読み始めてしまう。
パターンとしては読み終わらないまま
積んでしまうパターン。
ビジネス書とノンフィクションの中間くらいの
読み物。
「誰もやらないことをやる」「成功にしがみ
ついた時点でそのビジネスモデルは終わっている」
みたいなコト?
個人的にはソニーは嫌い。ブランドと意匠に
おぼれて本質を見失ったメーカー、舐めた
顧客対応をするところだから。でも最近は少し良くなってきたのかな?

レビュー投稿日
2008年7月28日
読了日
-
本棚登録日
2008年7月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ソニー最後の異端―近藤哲二郎とA3研究所...』のレビューをもっとみる

『ソニー最後の異端―近藤哲二郎とA3研究所 (講談社文庫 た 64-4)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする