ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新潮文庫)

3.89
  • (291)
  • (502)
  • (338)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 3602
レビュー : 329
著者 :
motchmama09さん 畠山恵   読み終わった 

  しゃばけシリーズ第6弾。5編の短編集。
 いつもぎりぎりのところを生きている若だんな、ついに三途の川へ・・・そんな時でも、一緒に来てしまった鳴家やそこで出会った末松たちの心配をしているところが若だんならしい。根っからの善人。
 ラストの『はるが行くよ』では、桜の花びらの妖・小紅との出会いと別れから、若だんなと仁吉・佐助たち妖とのいつか来る別れを感じさせるものだった。

レビュー投稿日
2017年3月26日
読了日
2017年3月26日
本棚登録日
2012年11月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新...』のレビューをもっとみる

『ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする