月光の囁き (1) (ヤングサンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (1994年12月5日発売)
3.75
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 4
4

決して紗月には明かせない数々の秘め事を抱えたまま、拓也は紗月と付き合い始める。
彼女が自分に対して思い描いている期待を裏切っているという自覚、そして罪悪感、背徳感……。
「何かがどこからか間違ってしまった」という青春の象徴のような物語が個人的にアツいです!
若干ご都合主義的な部分が否めませんが、1巻の時点ですでに名作の香りがします。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: motoiの本棚
感想投稿日 : 2013年5月18日
読了日 : 2013年5月18日
本棚登録日 : 2013年5月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする