([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

3.47
  • (17)
  • (54)
  • (84)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 672
レビュー : 78
もとごんさん  未設定  読み終わった 

子どもの頃のおやつの時間を懐かしく思い出した。
母が作ってくれたおはぎやパウンドケーキ、友だちとそろばん教室の帰りに寄る駄菓子屋さんで買った、ひも付きのいちご飴や、きなこ棒などなど、読んでいるうちに小学生の頃の記憶がひょっこり顔を出して、家の台所の匂いや、夕方の街の色までなぜだか思い出してしまった。
こんなことまで思い出させてくれるなんて、おやつって、不思議な力を持ってるんだなぁ。

30人それぞれのおやつが、それぞれのスタイルで紹介されているアンソロジー。読んだことがない作家さんにも出会えて楽しかった。
伊藤たかみさん、原宏一さん もっと読んでみたくなった。
柚木麻子さんの「煮りんごセラピー」、益田ミリさんの「チョコクリーム」好きな話でした。

レビュー投稿日
2016年6月5日
読了日
2016年6月5日
本棚登録日
2015年8月31日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文...』のレビューをもっとみる

『([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)』にもとごんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする