嵐が丘 (角川文庫)

3.50
  • (7)
  • (8)
  • (18)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 124
レビュー : 14
著者 :
モヨコさん 小説   読み終わった 

アンショー家3代に使えた家政婦ネリーが倫敦からやって来たロックウッドに語るアンショー家とリントン家に纏わる物語。キャサリンとヒースクリフを始め、どの登場人物も、愛や憎しみその他の感情をすぐ赤裸々に表に出してしまうのに戸惑う。全員が自分に原因がありその結果がはね返っているとしか思えない。核を為すキャサリンとヒースクリフのお互いが自分以上に自分だと言う愛も、欲しい物を手に入れたい子供の我が儘の様。登場人物達のまるで童話に出てくるお婆さんの様な「〜かえ」という語尾の話し方と、てにをはがおかしい日本語に違和感。

レビュー投稿日
2010年12月7日
読了日
2010年12月7日
本棚登録日
2010年11月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『嵐が丘 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『嵐が丘 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『嵐が丘 (角川文庫)』にモヨコさんがつけたタグ

ツイートする