あゝ、荒野 (河出文庫―寺山修司コレクション)

3.20
  • (1)
  • (1)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
著者 :
モヨコさん 小説   読み終わった 

新宿やリングという「荒野」を舞台にした寺山修司唯一の長編小説。吃りで赤面対人恐怖症の「バリカン」は、吃りを治す為にジムの門を叩く。人を憎む事の出来ない、小説を読みの「バリカン」と、少年感化院を脱走したヘラクレスの様な肉体を持ち、未だ挫折した事のない「新宿新次」もまたスカウトされ同じジムでボクサーになる。この2人を主人公に、寺山らしい一癖ある脇役達。兄貴分の新宿新次を慕うバリカンだが、新次に勝ちたい、「愛するために愛されたい」バリカンは新次と対戦する。小説のラストが死亡診断書という映画的手法に衝撃を受けた。

レビュー投稿日
2010年8月19日
読了日
2010年8月19日
本棚登録日
2007年9月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あゝ、荒野 (河出文庫―寺山修司コレクシ...』のレビューをもっとみる

『あゝ、荒野 (河出文庫―寺山修司コレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『あゝ、荒野 (河出文庫―寺山修司コレクション)』にモヨコさんがつけたタグ

ツイートする