紅 (百年文庫)

3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
モヨコさん 小説   読み終わった 

亡き養父母の経営していた店を継いだ芸妓の葬儀に参列する為20年ぶりに故郷の土を踏んだ逕子。故郷の思い出が蘇る若杉鳥子『帰郷』、18の時に片足を切断し幸福は死によって求められると考え33歳で死のうと信じているお葉 。些細な事でも生きていく悲しみを思い母が言った言葉に母の為に生きる淋しさを憶える素木しづ『三十三の死』、広島で被爆し3年ぶりに東京から戻った「私」。郷里での知人との再会が描かれると共に当時の惨状、原爆と戦争の惨禍から来る私の暗い心境を綴った太田洋子『残醜点々』死が纏わり付く自伝的小説3篇を収録。

レビュー投稿日
2012年1月12日
読了日
2012年1月12日
本棚登録日
2011年12月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『紅 (百年文庫)』のレビューをもっとみる

『紅 (百年文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『紅 (百年文庫)』にモヨコさんがつけたタグ

ツイートする