アルテミス(上) (ハヤカワ文庫SF)

3.70
  • (11)
  • (35)
  • (27)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 279
レビュー : 26
制作 : 小野田和子 
Morrisさん 海外-SF的   読み終わった 

物語の感想は下巻を読んだ後。
ただ、、、、主人公視点の一人称で物語が進む中、
なぜ彼女は読者に向かって語り掛けたり、
解説をしたり、独り突っ込みを入れたりする?
『火星の人』の場合、火星にたった一人残され
だれとも会話をすることがなく、
口述(映像)記録をつけたりの中なので
当然・自然に感じ、それほど気にならず、
その軽快さを楽しんで読み進んでいったけど、
本作では、ちょっと気になる。(小さいこと気にしすぎ?
はい、異論反論うけつけます。←こんな感じ)
まぁ待ち望んだ新作なので、
地球の友人とのやり取りと物語との関連、
そして伏せられている過去の事実含め、今後の展開に
期待しながら、あっという間に下巻に進む。

レビュー投稿日
2018年2月16日
読了日
2018年2月16日
本棚登録日
2018年1月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アルテミス(上) (ハヤカワ文庫SF)』のレビューをもっとみる

『アルテミス(上) (ハヤカワ文庫SF)』のレビューへのコメント

ikedazuさん (2018年2月17日)

火星の人を読んだことあるだけに、なんか納得

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする