ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

3.20
  • (8)
  • (34)
  • (117)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 370
レビュー : 32
MS-Kさん Horror   読み終わった 

生きがい (小池真理子) : は?ギャグ?といった感想のみ。★

ナイトダイビング (鈴木光司) : ただ夜の海にもぐっただけ。★

子羊(篠田節子):かなりつまらない部類のSF。短かさにも関わらず前半は苦行だった。★

ここ迄3作品連続で駄作。
続きが不安だ。

白い過去(坂東眞砂子): 平易な文体にも関わらずじわじわと悪寒が伝わって来た。★★★

兆(小林泰三): 読んでいて一番良かったが、残念なことに落ちがいまいち。2行に及ぶ「ひいいい」にはどん引きした。★★

Gene(瀬名秀明):染色体とか遺伝子の説明がくどくて、読むのに疲れを感じた。★

レビュー投稿日
2012年9月27日
読了日
2012年9月29日
本棚登録日
2012年8月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)』のレビューをもっとみる

『ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする