ひとはなぜ服を着るのか (ちくま文庫)

3.81
  • (6)
  • (16)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 350
レビュー : 10
著者 :
コイズミマサノブさん  未設定  読み終わった 

この本を読む上で一番大事なのは1998年に出版された本だということ。現代の価値観で読むといろいろと認識のズレを感じてしまうような気がした。
面白かったのは三宅一生は「着る」とはどういうことかという探求から服をつくっているという話。ファッションに関する思想についてこれまで何も触れてこなかったけど、普段着てる服が実はだいぶ深いところから生まれているのかもしれないなと思うと、服に袖を通す気持ちも随分変わるような気がしました。

レビュー投稿日
2019年12月1日
読了日
2019年12月1日
本棚登録日
2019年12月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ひとはなぜ服を着るのか (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『ひとはなぜ服を着るのか (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする