あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

3.75
  • (83)
  • (141)
  • (116)
  • (21)
  • (6)
本棚登録 : 1284
レビュー : 140
著者 :
mstyさん ライトノベル   読み終わった 

 「あの花」のノベライズ。本作品の脚本を手がけた岡田麿里が、自ら小説化したものである。全体としては、アニメ本編で表現できなかった部分を補完しているような感じだった。アニメを見てる人ならば、本書を充分楽しむことができるだろう。

 「書かれたもの」の力なのかもしれないが、本書ではアニメで描かれていた以上に、めんまの存在感が際立ってるように感じた。自分がそう感じたのは、めんまの体温、匂い、あるいは色についての描写が印象に残ったからかもしれない。また、個人的には、(1)じんたんの年相応の性欲についての表現(たとえば92ページ)と、(2)あなるというニックネームの由来が説明されたことと、そのニックネームに対する恥じらいみたいなものを登場人物が感じていたこと、(3)ゆきあつとつるこの関係についての心的描写、これらが補完されてよかったと思っている。

 アニメ本編を補完しうる内容になっているため、心的描写は充実している。その一方で、風景の描写や、登場人物が五感(視覚・聴覚・触覚など)で感知するであろうさまざまな感覚についての表現は簡素である。そのため、読み手によっては表現不足と感じてしまう人がいるかもしれない。アニメ未見で「あの花」の物語を楽しみたいという人は、この小説を読む前に、まずアニメ本編を見た方がよりよく楽しめるのではないかと思う。

レビュー投稿日
2011年8月3日
読了日
2011年8月3日
本棚登録日
2011年8月3日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。...』のレビューをもっとみる

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) (MF文庫ダ・ヴィンチ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) (MF文庫ダ・ヴィンチ)』にmstyさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

岡田麿里の作品一覧

岡田麿里の作品ランキング・新刊情報

ツイートする