大江戸国芳よしづくし (ニチブンコミックス)

4.58
  • (22)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 13
著者 :
ゴンチャロフさん 漫画   読み終わった 

岡田屋鉄蔵改め崗田屋愉一の『ひらひら 国芳一門浮世譚』に続く国芳物第2弾。絵師としてまだ駆け出しの国芳が、偶然出会った商人遠州屋佐吉の支援を受けながら、七代目市川團十郎の役者魂や昔馴染みの次郎吉(鼠小僧)・金蔵(遠山景元)の義侠心に触れつつ、役者絵から武者絵へと開眼するまでを描いている。作者の端正な絵柄と相俟って、登場人物の男っぷりにはほれぼれするばかり。それ以降の国芳の「稀有な足跡についてはまた別の機会に」とのことで、続編が待たれる。

レビュー投稿日
2017年5月2日
読了日
2017年4月30日
本棚登録日
2017年5月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大江戸国芳よしづくし (ニチブンコミック...』のレビューをもっとみる

『大江戸国芳よしづくし (ニチブンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする