絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか (NHK出版新書)

著者 :
  • NHK出版 (2018年1月11日発売)
3.98
  • (17)
  • (26)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 248
感想 : 24
5

とても面白い!
人類はホモ・サピエンス(ヒト)を除いて、絶滅してしまっている。なぜ絶滅してしまったのか、そしてホモ・サピエンスはなぜ生き延びることができたのか、をユニークな例えを使いながら、解説してくれる良書。

仮説の立て方とその限界がわかるので、論理的思考のお手本としても参考になる。

【メモ】
・直立二足歩行は欠点だらけ
└敵に見つかりやすい、短距離走が苦手
・人類の犬歯は小さい
└その理由は諸説あるが、争いをしなくなった、食性の変化などが挙げられる
・直立二足歩行をするようになった理由として「食糧運搬仮説」がある。
└自分の子供に食糧を運ぶために、両手を使った
・ヒトに発情期はない→一夫一妻制が発展?
・火の使用→消化に時間がかからない→ヒマになった→コミュニケーションをするようになった
・脳が大きいと維持するのにカロリーもかかる
・脳の大きさ=知能ではない
・恐竜が絶滅していなければ、知的生命体に進化していた可能性がある

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: サイエンス
感想投稿日 : 2023年12月10日
読了日 : 2023年12月10日
本棚登録日 : 2023年12月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする