行きたくない (角川文庫)

3.55
  • (4)
  • (21)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 278
レビュー : 25
mu-wandererさん 小説   読み終わった 

 どうしても行きたくないときだって、ある。を綴った6人の作家さんの物語。

 内容紹介:誰に何を言われようと行きたくない場所もあれば、なんとなく気持ちがのらない朝だってある。 ふとしたきっかけでサボってしまうかもしれないし、人生を変えるような決意で回れ右をすることもあるかもしれない。 ひとはいつでも「行きたくない」気持ちを抱えている。 僕たちのそんな所在なさをそっと掬い上げる、刹那のきらめきを切り取った物語。

 こちらの著書を購入したきっかけは、作家の一人の住野よるさんの作品が載っててそれで読んでみたいと思って購入したんですが、読んで見るとどの話も良かったです。特に心に残ったのが

 阿川せんりさん・・・好き・嫌いどっち? 「あなたの好きな/わたしの嫌いなセカイ」

 渡辺優さん・・・エラー?ロボットだって... 「ピンポンツリースポンジ」

 小嶋陽太郎さん・・・人は見た目では。なんとなくホッ 「シャイセ」 

 住野よるさん・・・住野さんの空気が。幸せって... 「コンピレーション」

 ほんとどれも良かったですが、やっぱり短くても住野さんワールドが一番良かった(^^)

レビュー投稿日
2019年9月23日
読了日
2019年7月12日
本棚登録日
2019年9月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『行きたくない (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『行きたくない (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『行きたくない (角川文庫)』にmu-wandererさんがつけたタグ

ツイートする