僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)

3.62
  • (34)
  • (73)
  • (66)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 693
レビュー : 69
著者 :
無常さん 社会学   未設定

ラジオSession22でパーソナリティとしての著者は知っていたが、著作を読むのは初めて。
とても冷静に論理的な視点から、社会問題への考え方、関わり方などを教えてくれる。ここまでバランスを保ちながら鋭い切り口の文章をかける人はなかなか居ないのではないか。
ラジオでは、パーソナリティに徹してそこまで自分の主張を全面に押し出さない印象であったが、かなり熱い人であることが判明した。
制度を議論するときには、社会全体の中にその制度がきちんと組み込まれているかという「構造要因」、その制度の設計が適切になされているかという「制度要因」、制度がうまく行くかどうかは景気にも大きく左右される「景気要因」、これら3つの要因を複合的に考えないといけないのである。

レビュー投稿日
2015年3月26日
本棚登録日
2015年3月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるの...』のレビューをもっとみる

『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする