人間はどこまで動物か (新潮文庫)

3.73
  • (20)
  • (27)
  • (25)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 342
レビュー : 27
著者 :
multi-vitaminさん 9 文学   読み終わった 

動物行動学者によるエッセイ集。セミの泣き声や、秋に舞うチョウ、タヌキのオスの子育てといった生き物の行動の「なぜ」をユーモアを交えて解き明かしている。飽くことのない好奇心と観察者としての冷静な視点、それでいて観察対象である生き物への愛情を感じる。
気軽に読めて詩情のある文章なので、少し疲れた夜にゆっくりしたいときにお勧めです。

レビュー投稿日
2013年11月10日
読了日
2010年10月7日
本棚登録日
2010年8月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間はどこまで動物か (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする