アンダーグラウンドな世界、ルール無用のリング。
そこにあるのは、もはや「試合」ではなく「暴力」。

そんな世界で戦う「ファイター」やそれを取り巻く人々の話し。


「女奴隷」からですが、こう、本当にありそうな「裏の世界」というものの魅力を書こうとしているのかな、という感じです。
そこが「ホラー」要素かと。
もしかしたら隣人がそうかもね、的な。

でもあんまり怖くなかったです。
殺害描写などはやっぱり素敵ですし
本としてもさらーっと読めるのですけれど。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

「あなたは売られました」


舞台は横浜。
リアルな背景が、一瞬これがエンターテイメントだと忘れさせる。
忘れた時が最大のホラーであると、思いました。


大石節としては、少しそちらに取られ過ぎて薄めな気が。
どこかを尖がらせたものでなく、丸目にまとめた感があります。


読みやすは何時も通り天下一品

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

呪怨によく似た印象。
とはいえ、隣の少女がとても良い味を出していて。
最期まで、ホラーとしてのエンターテイメントが味わえました。

大石節はやはりさらっと読みやすく。
2時間ほどで読めてしまうのでした。

それにしてもさらっと読めすぎた気がしますw
物足りなさもちょっとあって、ほしみっつ。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

ホラー小説でお勧め貸して?
と言われたら、まず最初にこれを貸します。

普通に怖い。スティーブンキング臭が少しするくらい、優等生的な展開と進行。期待を裏切らないホラーというカンジ。
確かビデオにもなってて、見た気もするんですが…すいません印象にあんまり(´・ω・`)
ホラー小説としては本当に絶品!!
最初のインパクトからどんどん引きこまれ、最期まで離さない。

ただ、すごくすごくすごく面白かったのですが、意外と2度目に読んだ時はそれほどでもありませんでした。
何度読んでも怖いタイプの小説ではないようです。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

大石節炸裂。

生きる事に対して興味の無かった主人公が、「死体」にめぐり合った事で、変わる。
どんどん緩やかに壊れて行く狂気、不愉快さに吐き気がする。
衝撃より後味の悪さの気持ち悪さ。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

前半の薀蓄の長さ(これは好きな人にとってはたまらないんだろうけど)と、複数の人間が書いている故の場面転換の多さに大分振り回されて、目が白黒しました。
作者は絶対「書きたくて書いてるな!」という感じがぷんぷんします。あとがきでも書かれていますけれど、こう、所謂悪い意味でなく「おたく」な文章。
後半は、孤城における密室殺人の応酬。景気良すぎだROというくらい人が死んでいきます。
「ミステリ」と言うにはちょっと抵抗があるかなぁ、ミステリ小説を求めてこれを読んではいけないかもしれません。

ただリアリティとか(出される殺人鬼がほぼ実在する筈)、殺され方の必要以上に緻密な描写の残酷性とかすごいし、性的描写も多いんで苦手な人は回れ右。
それでもエンターテイメントとしては抜群で、ページを捲くる手が止まりませんでした。
読み終わった後、「おなかいっぱい、さてこの作者の別の作品調べてみるかな…」と思って検索しましたから。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

とても読みやすい文章。

ですが、文章ではあまり怖くない、かもしれない。
映像があって初めて怖いかも。
ラストも結構読めていたし、疑問な部分も多くて、映像で魅せる所、が多かったように思えます。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

大石作品は、相変わらず本当に読みやすい。

冒頭から、妊婦の殺害シーンという衝撃的なスタート。
「C」からの手紙に従うまま、どんどん殺人に手を染めていく「僕」。

何度も繰り返される惨劇と事件。

後味がとても、悪い作品です。
生々しくて、とても、怖い。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

さらーっと、止まる所無く読めてしまう大石節は相変わらず。
本当に、ざくっと読めてしまいます。
文章自体はやはり好みだし、話も考えるものがあったのですが、ホラー作品としては星ふたつ。で、差し引きみっつ。
ウラジミール・ナボコフの「ロリータ」リスペクトだそうです。

何にも興味のないしがない画家が、ある時から11歳の美しい少女をモデルとして絵を描く事になる。
彼女との良い関係を楽しみながらも絵を書いていた日々は、彼女の母親の暴力によって大きく変わる。
そして…

という感じです。
少女に「美」を感じる人には、クる作品かもしれません。
汚く、醜く、狂おしく、美しいです。


あ、少しエロいです。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

人の中に巣食う囁き、その正体は。

大石圭作品の中では、少し薄めで少し異質。「飼育したい男」の弱い版、という感じで…でも、もっと奥深くを掘り下げて、という感じ。

誰もが一度は考えたコトがある「if」が描かれている。
考えこまない人用。

文章の表現による「怖い」は無いかな。
想像して、自分と重ね合わせることの「怖い」は人によって違うので、難しい。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

貴志 祐介さんの、3,4年前の新刊がやっと文庫になった!!
大喜びで読みました。

トリックは、本当に考えもつかないようなもので。
犯人は、登場人物があまり多くないのでアタリはつきやすいですが。
見取り図も頭に入るくらい単純だったので、すらすらと読める感じでした。
知識の量がハンパないです。
後、青の炎にも見えるような、殺人の動機や心情の変化等、魅せてくれます。

でもホラーの方が好きかな…。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ サスペンス

「呪怨」シリーズに出てくる「カヤコ」「トシオ君」は出てくるモノの、ほぼ別物ですね。
これ単体でも読めます。
怖い、というよりイヤな気分になる、かなぁ。誰も救われない感が。
ホラーなんで別にハッピーエンドを期待しているわけじゃないので良いですが。
流れとしては場面転換が早いので、ぶつぶつと短編見てる感じ。
緊張感が章の間で途切れちゃう。

後やっぱり呪怨シリーズは「絵」が怖いので、画像が無いと怖くないかなぁ。

…とはいいつつも大石氏の文章はとても読みやすくてスキ。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

酷い。
こんなに酷い小説はもうなんというか。
読み終わったあとのやるせなさというか。

虐待を受ける少女を「傍観しているだけ」の少年の話なのですが、読者もまた、「傍観しているだけ」な気分を十二分に味わえる、味わえるというか思い知らされるというか。
主人公の少年に感情移入すればするほど後味が悪い。本当に嫌悪感というか苦しい思いをさせられると思う。
小説としてはすばらしい。

…でも、あまりオススメはしません。精神的にかなり辛い思いをするかも。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

面白かった!!
単純に、面白かったです。

2つの短編が入っているのですが、前半の、ホラー文庫大賞とったとかいう、まさに「玩具修理者」がおもしろかったです。
「ΑΩ」を、読む前に読みたかったけど。…順番ミスった。

2つめの話は、面白かったですがあまり残りませんでした。

相変わらず、描写はひとことひとことがなんだか生々しくてグロいです。
ステキ。

あ、そうそう。クトゥルフスキーは特にどうぞ。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

久々の大石氏の新刊書き下ろしッ!
と喜んでてに取ったのですが…

えーっと…これ、角川ホラー文庫ですよね???
と確認したくなってしまいました。

ホラー…というより 官能小説じゃないでしょーかー。
ひたすらエロい…な気がします。
いや、官能小説読んだことないけど。

うーん、確かに「こういう人がいたら怖いだろうな」とは思いますが
ホラーの怖さじゃなくて…

ちょっと私としては、期待と違いました。
文章の読ませ方はさすが大石さんだけあって読みやすかったです。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

今まで読んだホラー小説の私の中で間違いなく最高峰。
「黒い家」も良かったけど個人的にはコッチ。
最高にグロくて最高に怖い、途中でこれが「本というエンターテイメント」であるというコトを忘れるほどのめりこみました。(友人の言葉借り気味)
詳細な描写も貴志氏ならではで、絵を頭で想像するタイプのヒトにはほんまに怖くてキモチワルイ気分になれると思います。
ホラーとして欲しい展開もキッチリ踏み、とても楽しめる本です。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

さすが貴志氏、
といいたくなる一品です。

嵐 の 二ノ宮和也が映画?ドラマ?でやってたので知名度はありますな。
なんというか、ほんまにドキドキします。
殺すのか殺さないのか、殺すならどうするのか、見つからないようにできるのか、殺せそうとして殺せなかったらどうするのか…
殺人を考えるモノ、にこれほど感情移入できる小説は他になかなか類を見ないかんじでした。
ラストも切ない終わり方で、とても胸をうたれます。

…とはいいつつ、個人的にはやはり貴志氏の小説、ホラーのほうが好きだなぁと思いましたが。
普通にいい小説、というカンジになってしまって。優等生っぽいというか。
その優等生っぷりに、ホラーなテイストが織り込まれていくのが私は好きっぽいです。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

昔にはやった、ゲームブック調にすすむサバイバルホラー。
知らないところにいきなり放り出された人間が何組か、お互いであわないようにゴールを目指す、バトルロワイヤル系の小説です。

結末は意外でした。私的には。
かなりドキドキして先を繰る手がとまりませんでした。
普通におもしろかった。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

多重人格をベースに、サスペンス調で読者に謎を振りまきながら進むタイプのホラー小説。

漢和辞典や広辞苑、心理学など小物使いがさすが。
貴志祐介のデビュー作にあたりますが、最初から色々と理屈くさい貴志節満載です。
キャラクターの登場の仕方や描写、設定の深さに、ちょっと差があるのが残念。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

1を読んでからのほうがいいと思います。

個人的には1のほうが、怖い描写が多かったかな~と思います。
が、脳内映像的にはなかなか怖いモノを想像できました。

大石さんの文体は、相変わらずさらっと読めるので重たくないのが好きな方ならお好きかもしれません。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

そもそも映画、ビデオの気持ち悪さ、怖さ、みたいのを知ってるヒトが読むと、とても秀逸なノベライズじゃないかなぁと思います。

大石氏の文章は相変わらずさらさらと読めて、とても楽ちんです。

それでいて、しっかり気持ち悪さ、怖さの描写はされていて、絵が頭に浮かびます。

謎があり、謎の後に続く謎、さらにその上に重ねられる謎、と謎がたくさんあるのですが、本気でそれらを解決してほしい、エンターテイメントとして読者に安心をさせてほしい、と無意識のうちに思っていました。

本という娯楽なのだから、つけてくれるものだと安心してる部分があったのだと思うのですが、全然そんなそぶりも見せず、さらに謎を増やしてさらに怖い現象を起こしていくばかりで、解決の方向に向かわずに残りのページが少なくなっていくのすら怖かったです。

結果どうなったかは、読んでみてください。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

ハンサムで温厚なサラリーマンの、裏の狂気を描いた作品です。

って書いて、間違い発見。
ハンサムで温厚なサラリーマンじゃなくて、神といわれる腕を持つ、整形外科医が主人公です。

殺人勤務医とすごく似た感触でで、すごく似た後味で…ああこれが大石ワールドなのか、というのを実感した本。

人の体を切り刻む描写がすごく細かくて想像しやすく、想像しやすければしやすいほど気持ち悪いんだろうなぁと思いました。(私は別にスプラッタなどがあまり怖くないので…)
女性の乳房を薄切りにしたハム、とか…

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

湘南殺人医のレビューに、「ハンサムなサラリーマン」って書いちゃったけど、間違いだったorz
こっちと間違えた…

こっちの主人公が、ハンサムなサラリーマン。
湘南殺人医は、ものすごい才能を持った医者、でハンサムじゃなかったや。

…と、主人公を間違えるくらい、これもまた後味の似た大石ワールドな本。
(言い訳)

普通なヒトの、普通な生活の裏に潜むドロドロした、でも純粋な殺意。
悪意のない殺意。
殺人のための、殺意。

さくっと読める良本です。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー

ホラー、というよりサスペンスに近いかな。

突然、ひとつかみの人たちに贈られた、すさまじい破壊力の爆弾。
あなたはそれを手に入れたら、どうしますか?
ていう話です。

凶器を手に入れた隣人の狂気を描いていて、さくっと読めるかんじでした。

2012年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった
カテゴリ ホラー
ツイートする