古代からの伝言 民族の雄飛 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店 (2006年12月22日発売)
3.67
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 3
3

西暦404年、高句麗の英雄・好太王談徳は、百済北部から自国へ侵攻してきた倭軍と対峙していた。
百済と同盟関係にあった日本は大規模な出兵をたびたび起こし、『広開土王』とも呼ばれる彼の圧力をはねかえして、ついには副都・平壌付近まで迫ったのだ。
………その数十年前。日本書紀が伝えるところによる仲哀9年、天皇は突然謎の死をとげる。
「処女の眉のように、海のむこうに見える国がある」
神の意を受けた皇后・息長足姫は、天才的な直感でいまこそ新時代へ向けて、国家運営の舵を切り替えねばならないと決意する。
男装の姿をあらわした息長足姫は、全将兵の前で激をとばす。
日本民族が雄飛するときがきた!

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 記紀:小説
感想投稿日 : 2011年11月6日
本棚登録日 : 2011年11月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする