アンナ・カレーニナ(上) (新潮文庫)

3.73
  • (133)
  • (127)
  • (218)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 1666
レビュー : 119
著者 :
制作 : 木村 浩 
skippbeatさん 小説(映画化)   読み終わった 

【No.116】「幸福な家庭はすべて互いに似かよったものであり、不幸な家庭はどこもその不幸のおもむきが異なっているものである」「自分の心を占めていた思いが言葉になって語られたのを聞くと、またもや深い満足の紅がその顔をそめた」「今彼の感じた気持は、深淵にかかった橋の上を悠々と渡っていた人が、不意に、その橋がこわれており、目の前に深淵を見出したときの気持に似ていた。その深淵は人生そのものであり、その橋はカレーニンの生きてきた人為的な人生であった」

レビュー投稿日
2018年5月5日
読了日
2018年5月5日
本棚登録日
2018年5月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アンナ・カレーニナ(上) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする