本を読む本 (講談社学術文庫)

3.74
  • (401)
  • (490)
  • (597)
  • (68)
  • (25)
本棚登録 : 5359
レビュー : 584
制作 : 外山 滋比古  槇 未知子 
murahiro9311さん  未設定  読み終わった 

まず、受動的な行為とされがちな読書を積極的な行為としてとらえ直す。そして、初歩的なレベルから非常に高いレベルに至るまで、それぞれの段階でどのような点に気を付けるべきか、具体例を豊富に織り交ぜてわかりやすく述べている。どの技術もしっかりと身につければ生涯役に立つものである。なぜなら、学校にいる間は教師に頼ることができるが、学校を出てから学ぶためには読書をする必要があり、読書の技法を身に着けていれば生涯学び続けることが可能だからである。
全体を通して平易な文章で書かれた本であるが、著者の読者に対する要求は小さくなく、そして目指している到達点は非常に高い。本書を何度も繰り返し読み、それを実践し、折に触れてまた本書に立ち戻るといった読み方をするのが理想的であろう。根気のいることではあるが、それを成し遂げた人は大きな財産を得るに違いない。

レビュー投稿日
2018年4月6日
読了日
2010年5月8日
本棚登録日
2010年5月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『本を読む本 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『本を読む本 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする