三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)

3.45
  • (7)
  • (8)
  • (25)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 162
レビュー : 11
著者 :
ふみ子さん  未設定  読み終わった 

色んな方に勧められて読みました。
いやあ………感慨深いものがありました。
特に仲が良かった澁澤龍彦ですが、私も豊饒の海をかなり前に読んでいて、よりしっくりくる解説をしてくれたのが有り難かったです。
三島由紀夫という人は、ある意味ファンタジックな世界にいて、現実を見た瞬間に消滅していった人ということが分かりました。
ファンタジックと言っても、お花畑みたいなものではなく、寓話であり、観念の人であり続け、しかし最後の対談は淡々と

三島由紀夫を介錯したら、自殺幇助になる

なんて言葉も出てきて、彼らは非常に寓話的でありながら三島由紀夫は消滅していったけど、小説という形で生き続けている現在、澁澤龍彦は現実をしっかり見開いて見ていて、特に三島由紀夫との会話は、温かくなるような会話を交わしていたところが読んでいてほっとしました。
三島由紀夫を唯一、文学的にも人間的にも知っていた澁澤龍彦。
これを読んだら、三島由紀夫が読みたくなったので、積んである、獣の戯れでも読もうかしら。

レビュー投稿日
2019年5月7日
読了日
2019年5月7日
本棚登録日
2019年3月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)』にふみ子さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする