銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

4.03
  • (381)
  • (327)
  • (276)
  • (25)
  • (8)
本棚登録 : 3360
レビュー : 343
制作 : 倉骨 彰 
musasi1229さん  未設定  読み終わった 

今現在、この世界では富が偏在していることは明らかである。
なぜヨーロッパ(ユーラシア大陸)で文明が発展し、その他の地域を植民地にすることができたのか。
その理由として各地域に住んでいる人の生まれ持った能力の差ではなく、その住んでいる地域の環境的要因が大きいと著者は主張する。
つまりユーラシア大陸が世界で最も発展した(18、19世紀において)理由として
①食用として栽培可能な植物、家畜化可能な動物が多かった。
②東西に長い大陸のため、それらが家畜化栽培化されたものが伝播しやすかった。(他の大陸では南北に長く環境の変化が大きかった)
③上の二つの理由により人口が他の地域に比べて多くなり、家畜から人への病原菌が生まれる。そしてそれらに対する抗体を手に入れる事ができた。

レビュー投稿日
2011年10月27日
読了日
2011年9月13日
本棚登録日
2011年9月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年に...』のレビューをもっとみる

『銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする