科学者とキリスト教: ガリレイから現代まで (ブルーバックス 686)

著者 :
  • 講談社 (1987年4月1日発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 7

ガリレオの『偽金鑑定官』から引用がp.19にある。「宇宙という壮大な書物は・・・数学の言葉で書かれている」もうこれで集約されているといってよい。神の言葉として結果だけ受け入れるか、神の言葉を理解しようとするか、その違いであろうな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ノンフィクション・実用書
感想投稿日 : 2011年12月31日
読了日 : -
本棚登録日 : 2011年12月31日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする