さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

3.38
  • (402)
  • (1034)
  • (2254)
  • (211)
  • (67)
本棚登録 : 7831
レビュー : 1211
著者 :
みゃ~コさん 経済   読み終わった 

会計学についての難しさをこれほどわかりやすく面白く伝えた一冊は初めてで、サクサク読めた。全てを調べるのではなく、重要な一部分だけを調べる方法であるリスクアプローチがそれこそこの一冊に凝縮されている。わけのわからない専門用語を出すリスクを省き一般大衆が身近で疑問に思う少しの疑問から大きな会計という世界にほうりこまれていくのである。そしていつの間にか数字のセンスを磨くことについて考えさせれる。会計は数学とは違い加減徐徐でいけるんだ。と目を見開かさせる生活に生かすことのできる会計の殺傷力のある一冊。

レビュー投稿日
2015年10月22日
読了日
2015年10月22日
本棚登録日
2015年10月17日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑...』のレビューをもっとみる

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする