かなわぬ想い―惨劇で祝う五つの記念日 (角川ホラー文庫)

3.38
  • (2)
  • (13)
  • (24)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 109
レビュー : 12
ニャ~さん アンソロジー   読み終わった 

「惨劇で祝う五つの記念日」というサブタイトルがすごい。そして、集結した5人の書き手がまたすごい。今邑彩さんと服部まゆみさんは大好きな作家だし、篠田節子さんの筆致も好きだ。5人とも、それぞれに独特の怖さを持つ方々ばかり。それが、女の怨念とも言えるようなテーマを描いている。中でも特に篠田節子さんの『誕生』が怖かった。

レビュー投稿日
2013年8月17日
読了日
2013年8月17日
本棚登録日
2013年8月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『かなわぬ想い―惨劇で祝う五つの記念日 (...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする