学問のすゝめ (岩波文庫)

3.84
  • (146)
  • (133)
  • (187)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 1675
レビュー : 155
著者 :
猫吉さん  未設定  読み終わった 

「flier』

「学』に人生を捧げた人だけあって、人間社会をよく理解している。

なぜ義務教育で学習させないのかと思うぐらい。

有名な名言から諭吉をバカにする人いるだろうが、彼が目指した世界は単純な考えで構想できるものではないと思う。

政府や文明への言葉からして、良い悪いではなく、それらを包括する意味で正しい考えだと言える。

何の偏見もなしに本書の内容を語れる諭吉は、本当に聖人のように思えてくる。

日本のために尽くした、真の日本人ではないだろうか。

でなければ、彼の理想を素晴らしいなんて言えるわけがない。

レビュー投稿日
2019年8月22日
読了日
2019年8月21日
本棚登録日
2019年8月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『学問のすゝめ (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『学問のすゝめ (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする