ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

4.04
  • (1370)
  • (1414)
  • (854)
  • (128)
  • (30)
本棚登録 : 10169
レビュー : 1291
著者 :
くまさん  未設定  読み終わった 

命の尊さを問う、お話。私たちは日々の食事で命を頂いている、でも自分のペットを亡くすのを悲しいと思う。情をかけていたのが傷つけられれば怒りを感じる。
人と動物での刑の重さも違う。また亡くなった動物の命の裏で、その動物を亡くすことによって傷ついた心は?
その傷ついた人を大事に思ってる人の心は?
もし、それが当事者ではなく、全くの知らない人だったら自分はどんな感情を抱いてた?

あなたは酷いと言いますが同じ命ですよね、何が違いますか?と。。
登場人物の先生が中々そういう大人でも難しい質問を子どもに問う。。命に対して、自分と近親者と他人との、感情の向け方、を考えさせられる。

先生は市川雄太になんの罰を言ったんだろう。。

ふみちゃん、ちゃんと覚えてたんだね…!!!
最後、ふみちゃん少しずつ前に進んで良かった!!!

レビュー投稿日
2019年10月3日
読了日
2019年10月3日
本棚登録日
2019年9月23日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする