朝顔日記の深雪と淀君

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
著者 :
myjstyleさん  未設定  読み終わった 

明治期には多くの日本美術が海外に流失していますが、掛け軸については一個の芸術家の作品とみなされず工芸品として買い叩かれたと聞いたことがあります。近代に入り日本画は国際的な評価を得られずいわば自己喪失に陥ります。そんな時代の激流の最中にあって、孤高を保った松園のピュアな独白を聴くようです。

レビュー投稿日
2020年5月15日
読了日
2020年5月15日
本棚登録日
2020年5月15日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『朝顔日記の深雪と淀君』のレビューをもっとみる

『朝顔日記の深雪と淀君』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする