幻化

著者 :
  • 2016年3月15日発売
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2

青空文庫にて「幻化」読了。カフカのように居心地の悪い不可解さがあります。主人公は精神病院を抜け出し、“あの日”に戻るような旅をしますが、目的を持って行動しているわけではありません。全編を通して、虚無感が覆っていて、いつ死んでも不思議ではない状態ですね。「漢字海」で調べると、タイトルの「幻化(げんけ)」とは事物に実体がなく虚妄であること、とあります。絶筆ですが、辛い人生だったろうと推察します。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2016年4月18日
読了日 : 2016年4月18日
本棚登録日 : 2016年4月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする