嘘はよみがえる (講談社文庫)

3.39
  • (1)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
mylteさん 外国の小説   読み終わった 

図書館の本

内容(「BOOK」データベースより)
身元不明の頭蓋骨は誰?有力上院議員から直接依頼され、イヴは静かな生活を捨てて復顔の仕事に没頭する。が、家政婦をはじめ身近な人間が次々と不審な死を遂げ、自らも瀕死の目に。恋人に裏切られ、一人娘を殺された過去に苦しみながらイヴが対決する強大な敵とは。息をもつかせぬ展開が圧巻の最高傑作。

ジョーとの行き違いがイブを苦しめ、仕事に逃げさせる。
すべて計算され、仕組まれ、追い詰められていく。イブを追い詰めるには子供を使えばいいとわかっている敵もなかなか心理戦が得意なようであっという間に読んでしまいました。
ガレンとジェーンの関係?も継続してみていきたい。
トビーの成長もたのしみ。
そしてジョーとイブの関係も。
伏線たくさんでたのしかったです。
シチューがしばらく恐ろしくなりそうです。

Body of Lies by Iris Johansen

レビュー投稿日
2010年4月1日
読了日
-
本棚登録日
2010年4月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『嘘はよみがえる (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『嘘はよみがえる (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『嘘はよみがえる (講談社文庫)』にmylteさんがつけたタグ

ツイートする