荒野の天使に口づけを<NJ傑作コレクション 5> (ラベンダーブックス)

3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
mylteさん 外国の小説   読み終わった 

図書館の本

内容(「BOOK」データベースより)
1884年、コロラド州。21歳のジェシカ・ソマーズ―愛称ジェスは鉱山経営者である父を支え続けてきた。ところがある日、父が何者かに銃で撃たれ、重傷を負ってしまう。ジェスは、前々から父の鉱山を狙っていた資産家の男が黒幕だと考えるが、保安官も誰も助けてくれない。そんなとき、町を訪れていたギャンブラーのギャレット・デヴリンと出会い、銃の名手でもある彼を鉱山の守衛として雇うことにした。一方、デヴリンには秘密の使命があった。実は彼は鉄道王である大富豪の息子で、頻発している列車強盗事件の犯人を追っていたのだ。そうとは知らず、ジェスは罪深いほどハンサムなデヴリンに惹かれていく。ある晩、犯人の罠により、ふたりは鉱山に閉じ込められて…。西部開拓時代の銀山に花開いたロマンスの行方は。

なんだかどこかで読んだような、読まないような、西部のおはなし。
ラバはいなかったから、初めて読んだんだよなぁ、って思いながら読め始めたけれど、テンポよくて面白かった。
ギャレッドが今気強いからまだ助かったよね、ジェス。
フローのあおりかた、ちゃんと読み得たかったような気もします。
ライリーはいい人、なんだね。

Wildstar by Nicol Jordan

レビュー投稿日
2013年10月16日
読了日
-
本棚登録日
2014年1月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『荒野の天使に口づけを<NJ傑作コレ...』のレビューをもっとみる

『荒野の天使に口づけを<NJ傑作コレクション 5> (ラベンダーブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『荒野の天使に口づけを<NJ傑作コレクション 5> (ラベンダーブックス)』にmylteさんがつけたタグ

ツイートする