怪奇探偵小説傑作選〈3〉久生十蘭集―ハムレット (ちくま文庫)

4.03
  • (14)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 11
著者 :
制作 : 日下三蔵 
*亜卍*さん  未設定  未設定

重厚。ぐっとくるほどの何かが魅力です。恋愛を軸にした話が多かったけど、どれもセンスがあって好きでした。ストーリーというよりは、その世界観を楽しむ作品。ハムレットをゼミ発表で使う予定ですが、ストーリーは刺客、細かい描写はやはりハムレット。これだけの世界、知性が無くてはかけるはずが無い、と思えるほどものを感じます。

読めばはまる人はどこまでもはまると思う。私もその一人。
是非全集制覇をしたい。
傑作だ・・・とただただ感じます。だけど、それは近年のミステリのようなトリックとかキャラクタ性とか、ストーリー性おいてではなく。

レビュー投稿日
2008年9月13日
本棚登録日
2008年9月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『怪奇探偵小説傑作選〈3〉久生十蘭集―ハム...』のレビューをもっとみる

『怪奇探偵小説傑作選〈3〉久生十蘭集―ハムレット (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする