蟹工船

著者 :
  • 青空文庫 (2004年12月1日発売)
3.44
  • (3)
  • (5)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 16
3

労働者が搾取される様子は読むに堪えられないほど残酷、凄惨である。彼らが団結に至るまでの過程が長い。蟹工船の中で行われていることが理不尽だと彼らが気付くまでの時間がゆっくりと描かれ、いわゆるストライキの場面は一気に進む。読後も彼らのうめき声が聞こえてきそうなほど、リアリティあふれる作品だった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本作家か行
感想投稿日 : 2020年11月23日
読了日 : 2020年11月23日
本棚登録日 : 2020年11月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする