算数宇宙の冒険

3.30
  • (7)
  • (8)
  • (16)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 107
レビュー : 22
著者 :
なすのさん 小説   読み終わった 

主人公は凡人、周りは天才という構図は、ほかの作品と似てると思います。周りの天才っぷりが半端ないところも。
ゼータ関数については、最初はs=0がどうして-1/2なのか理解できなかったですが、複素数が出てきて「可能性はある」と思い始めました(証明はできませんが)。複素平面の昼と夜と黄昏の世界など、表現が面白いです。

ただ、全編横書きなのはやっぱり読みづらいなあ~~。

レビュー投稿日
2012年3月3日
読了日
2011年11月24日
本棚登録日
2011年11月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『算数宇宙の冒険』のレビューをもっとみる

『算数宇宙の冒険』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする