ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)

3.54
  • (71)
  • (139)
  • (205)
  • (22)
  • (9)
本棚登録 : 1457
レビュー : 110
著者 :
ぴよるさん 新書   読み終わった 

乱暴に要約すれば「ポストモダンをオタ文化で読み解け」の前著から一歩進んで「ポストモダンの文学はラノベと美女ゲで読み解け」という物語論へ。環境分析的読解という深読み技術の提示はそれなりに意義があるものの、大塚論を参照しすぎなところが引っ掛かったり。ところでオビの徒花スクモ氏のポスモたん(勝手に命名)イラストいいですね。

レビュー投稿日
2007年6月29日
読了日
2007年6月29日
本棚登録日
2007年6月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポス...』のレビューをもっとみる

『ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)』にぴよるさんがつけたタグ

ツイートする