数奇にして模型 (講談社文庫)

3.48
  • (249)
  • (550)
  • (1208)
  • (44)
  • (9)
本棚登録 : 5052
レビュー : 390
著者 :
ひーやんさん  未設定  読み終わった 

国枝桃子が正常と異常の境界線の導き方を西之園萌絵に丁寧に教えている場面が印象に残った。密室殺人が同時に2つ起きていて登場人物も多かったので頭の中で一旦整理するのに手間取った。「複雑に見える対象を単純化したがる人間」今回はこれが一番言いたかったんじゃないかな。好きにしてOK!

レビュー投稿日
2011年4月23日
読了日
2011年4月23日
本棚登録日
2011年4月23日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『数奇にして模型 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『数奇にして模型 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする