自死という生き方―覚悟して逝った哲学者

3.54
  • (16)
  • (13)
  • (31)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 207
レビュー : 33
著者 :
町田マチロウさん 哲学   読み終わった 

自死という生き方―覚悟して逝った哲学者を読みました。テーマだけに感想を書くのも躊躇してしまう。著者は自死の普遍化という難しい問題に取り組んだが、私はこの問題に幾ばくか意見できるほど成熟していない。分かったようなふうな意見しか言えない気がするのである。あえて言えば、メメント・モリ(自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな)を私は忘れてはいけないと考えている。

私は以上のようなことを三人称の立場で客観的に主張してるのではなく、一人称の立場に立って主張しているのである。そのことを読者は重々考慮しながら受け取っていただきたい。 (P105)

覚悟の書である。

レビュー投稿日
2011年5月12日
読了日
2011年5月12日
本棚登録日
2011年5月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』のレビューをもっとみる

『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする