仕事にしばられない生き方 (小学館新書)

3.96
  • (26)
  • (33)
  • (20)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 316
レビュー : 36
mytheoryさん  未設定  読み終わった 

正直、テルマエロマエの原作を読んだことがないし、映画もテレビで見たけどハマれなかったので、それほどヤマザキマリさんに興味が湧かなかったのだが、友人の薦めで読んでみたら、びっくりした。こんなにすごい人だと思わなかった。なんせ今まで生きてきた人生が濃い(普通の日本人が、イタリアで借金取りに追われることはないと思う)。経験から語るお金との向き合い方には、説得力がある。自分の芯をしっかり持ってる方で、考え方がとても尊敬できた。この方の漫画作品も読んでみたいと思った。
この本には名言が詰まってる。読み進めながら、感動しながらメモをとっていたくらいだ。資本主義社会の中で、お金やら人間の生産性やら、効率化ばかりが重要視されている昨今の状況を、ヤマザキさんは冷静に見つめ、もっと大切なものがあるのではと説く。歴史は繰り返すとも。この本を読んで、いかに自分を俯瞰すること、知性と教養を持ち、他の人の価値観を認めることが大切かを学んだ。そして、人間の根底はみな孤独で寂しいものなのだ、ということも。人生に迷った人は読むべきと思う。

レビュー投稿日
2019年8月31日
読了日
2019年8月31日
本棚登録日
2019年8月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『仕事にしばられない生き方 (小学館新書)』のレビューをもっとみる

『仕事にしばられない生き方 (小学館新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする