自分のデータは自分で使う マイビッグデータの衝撃 (星海社新書 68)

著者 :
  • 星海社 (2015年7月24日発売)
3.56
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 82
感想 : 7
5

技術の進歩によって膨大な自分の情報が分かるようになる時代について述べた本です。インターネットの発達、SNSの登場を振り返り、それらと比較しながら、これからの時代を筆者が考察します。第6章「未来予測」では日常のRPG化が紹介されているのですが、「コーヒーを飲んだから眠気の数値が15下がった」とか「エステに行ったから幸福度が30上がった」など、物や事の効果が数値で見えることで生活がRPG化するそうです。便利さにわくわくする事例もあれば、個人的なデータが見えすぎることによる怖さを感じる事例もありました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 新しい世界
感想投稿日 : 2016年1月13日
読了日 : 2016年1月14日
本棚登録日 : 2016年1月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする