「首の女」殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (1993年3月9日発売)
3.18
  • (1)
  • (7)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 122
感想 : 6

小学校の同窓会に出席した真杉伸子は、かつて彼女に惚れていた宮田治夫と久しぶりに会った。伸子はいまだ独身の宮田に妹・光子を紹介し、高村光太郎の信奉者だった宮田は光子を光太郎・智恵子展に誘う。光子は展覧会よりも光太郎の木彫の「蝉」を見つめていた男が気になった。数日後、光子はその男が福島で殺されたことを新聞で知る。そして宮田も島根で変死。真杉姉妹は光子の同級生・浅見光彦に真相の究明を依頼するのだが…。傑作旅情ミステリー。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 内田康夫
感想投稿日 : 2016年4月3日
読了日 : 2018年12月18日
本棚登録日 : 2016年2月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする