さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

3.69
  • (100)
  • (236)
  • (195)
  • (31)
  • (7)
本棚登録 : 1903
レビュー : 212
著者 :
なぁやさん  未設定  読み終わった 

玄太郎おじいちゃんの、抱腹絶倒の事件簿。

岬シリーズがどちらかというとドリーミーな推理小説なら、
こちらはお硬い社会派。
主人公が車椅子に乗った、強健なおいじいちゃんだからね。

トリック自体は難しくはないのだけど、
読み手を飽きさせないテンポの良さ。

各短編のタイトルがすべてシャーロックホームズシリーズに掛けてありますね。
みち子さんは、さしずめワトソンかな。

四作目までは楽しく読めていたんだけど、
五作目ラストのシーンを読んだら、
寂寥感がこみ上げてきた。

あぁ、ちゃんと物語は続くのです。

レビュー投稿日
2012年5月11日
読了日
2012年5月11日
本棚登録日
2012年5月2日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュー...』のレビューをもっとみる

『さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする