悩殺ジャンキー 第6巻 (花とゆめCOMICS)

3.48
  • (47)
  • (33)
  • (176)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 555
レビュー : 24
naaaaatsuk1さん  未設定  読み終わった 

クリスマスに空港のホテルで一晩一緒に過ごすことになったウミとナカ。冷静になってからのウミの動揺っぷりが可愛くて、寝ぼけてナカ抱き寄せちゃうウミにキュンとして忙しかった。1ヶ月離れてた2人には、お互いに聞きたい事が聞けなくなったり、好きな気持ちがさらに高まったり、嫉妬や独占欲が強まったりで成長だけじゃなく色んな効果があった様子。急成長していくナカにまで嫉妬するウミの気持ちもわかる気がする。恋する上での葛藤とか、仕事の上での嫉妬とか、すごくリアルでうまいなーと思った。ナカが碧の候補に入ってるって知ったウミがどうなっちゃうのか心配。あとさり気なく千洋が一世一代の告白みたいなのしてたし、堤くんに実羽を想ってることを宣言してたけど、それを聞いた堤くんが激しく揺れてるのが何とも言えず。ナカを好きになったんじゃないのかい!と思ってしまった。気持ちわからなくもないけど、千洋に取られそうだから悩んでるように見えちゃってちょっと複雑。

レビュー投稿日
2019年2月25日
読了日
2019年2月25日
本棚登録日
2019年2月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悩殺ジャンキー 第6巻 (花とゆめCOM...』のレビューをもっとみる

『悩殺ジャンキー 第6巻 (花とゆめCOMICS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする