猛禽の宴 (角川文庫)

3.73
  • (18)
  • (37)
  • (35)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 22
著者 :
nagaさん ドンパチ   読み終わった 

ニューヨーク在住のイタリアンマフィア

湾岸戦争の裏事情が暴露されながら
NYイタリアンマフィアの内部抗争、そして新興組織との争いが繰り広げられる

確かに面白いんですけど、ちょっと描写が長々しく感じてしまった

悪のヒーロー「朝倉恭介」
強すぎるなぁ

順番を間違えてしまって
3作目を先に読んでしまった!?(苦笑)

レビュー投稿日
2013年7月27日
読了日
2013年7月27日
本棚登録日
2013年7月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『猛禽の宴 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『猛禽の宴 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『猛禽の宴 (角川文庫)』にnagaさんがつけたタグ

ツイートする